【転職or家事】歯科衛生士を辞めたあと

【歯科衛生士を辞めたあと】ライターに転職!今は、自分のペースで働いています(らぶさんの口コミ)

投稿日:

<1>歯科衛生士を辞めた理由について教えてください。

私が歯科衛生士を辞めた理由は、自分に向いていないと思ったことと、職場環境が良くないと思ったからです。また仕事そのものが好きではないと思ったのが大きな理由です。

歯科衛生士は、非常に細かく、繊細な仕事です。人の歯に直接触れることもありますし、汚い仕事です。イメージはとても綺麗な仕事ですが、本当に過酷で割に合わない仕事です。学校にいた時点ですでに辞めたいと思っていましたが、働いてみてからも合わないと感じて、辞めました。

<2>歯科衛生士をやめた後の職種は何を選びましたか?

私が選んだ次の職種は、ライターの仕事です。ライターの仕事に就いた理由は、在宅でも仕事がたくさんあったからです。

なので、女性が活躍しやすい職場でした。私は自宅で自分のペースで働きたいという気持ちがあり、文章を書くことが好きだったからです。

<3>転職はどのように行いましたか?また、転職時に条件などで気を付けたことなどがあれば教えてください。

転職をどのように行ったのかというと、フリーランスでクラウドソーシングサイトに登録をしました(CrowdWorksBizseek
など)。その後、クラウドソーシングサイトに登録して仕事をしているうちに、クライアントから仕事がもらえるようになり、結婚してからも続けています。

rawpixel / Pixabay

<4>これから歯科衛生士をやめようとしている方にアドバイスがあれば教えてください。

歯科衛生士の仕事は、若いうちだけの仕事です。

労働環境もよくありませんし、地位も高くありません。辞めたいと考えている人は辞めてしまっても全然他にもたくさん仕事があるので、迷うことはないと思います。

 

らぶさんは、歯科衛生士からライターに転職されたんだそう!

歯科衛生士から他業種に転職となると「今から他の業種につけるだろうか?」と疑問に思うかもしれません。

しかし、ヤル気さえあれば他業種への転職も可能だということがわかりました♪

✅エンジニア・デザイナー・ライターなどの仕事をするならCrowdWorksをチェック!

【おすすめ記事】 ★歯科衛生士の求人サイトまとめ
★歯科衛生士のオープニングスタッフ募集を探せるサイト

-【転職or家事】歯科衛生士を辞めたあと

Copyright© 歯科衛生士のパート求人ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.