歯科衛生士できつい&つらいこと

【歯科衛生士できつい&つらいこと】平均で10時間以上の拘束と少人数の人間関係(by たかさん)

更新日:

annca / Pixabay

私は2年前まで歯科衛生士として働いていました。歯科衛生士は働く環境が少人数のため人間関係気を使います。

私が務めていた歯医者さんでは院長先生と4人の歯科衛生士で経営していましたが、お互いの事を気を使いながら仕事をしていた感じはあります。少人数なので常に一緒なのは良いのですが、嫌いになったり嫌われないようにするのが、結構辛かったです。

私の歯医者の院長先生はとても優しい人だ穏やかな人だったのですが、知り合いの歯科衛生士の歯医者の院長先生は口がうるさい先生だったので辞めてしまったそうです。院長先生によってだいぶ職場の良し悪しは別れるかもしれません。

他に辛かったのは仕事の拘束時間が長くて歯科衛生士1年目の時は辛くて辞めそうになりました。平均で10時間以上は拘束されます。

あとは休みが取りづらいのも辛かったです。風邪で少し熱があっても休みが取りづらく、そのまま我慢して仕事をしていた時がありました。私は生理痛が重かったのですが、ほかの歯科助手の方に迷惑をかけてしまうので自由に休みは取れませんでした。
休みの日でもたまに勉強会があるので、歯科衛生士としてやる気がないと行き詰まりやすい職業なのかもしれません。

【おすすめ記事】 ★歯科衛生士の求人サイトまとめ
★歯科衛生士のオープニングスタッフ募集を探せるサイト

-歯科衛生士できつい&つらいこと

Copyright© 歯科衛生士のパート求人ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.