歯科衛生士あるある

【歯科衛生士あるある】歯石はやる気が出るけどプラークはちょっと…!(by わんださん)

更新日:

stevepb / Pixabay

歯石を取るのは大好きで口腔内が歯石だらけだと「よし、やるぞ!!」という気持ちになるのに、プラークがべったりとついた口腔内をみるとなぜか気持ちが萎えてしまいます。

歯石自体、もとを辿ればプラークなので同じじゃん!と思われるかと思いますが、歯石はカルシウム、プラークは菌の塊という情報が自分の中で気付かぬうちにしみついてしまっているからなのかなと分析しています。笑

あとはプラークは粘り気があるのでちょっと抵抗があったり、この方はブラッシングやる気あるの?という気持ちになってしまうからかもしれませんね。

同じ理由で何度ブラッシングの指導をしても「あーそういえば言われたかもしれない」と言ってブラッシングをしない患者さんにはちょっと萎えてしまいますね。何度教えてもできないのとやらないのでは大きく違いますから、やる意欲のない人には結構強めに指導する傾向があるのも歯科衛生士あるあるではないでしょうか。

歯科衛生士のほとんどは歯並びや歯肉の状態を普段から無意識に見てしまう傾向にあると思います。

歯並びで勝手に自分の中にある偏見で性格判断してしまったり、歯肉を見てもう会いたくないと思ってしまったり、人それぞれの個性であると分かっていてもついつい目に入ってしまうので新しく恋人を作る場合にはかなり選択肢が狭まっちゃうのも歯科衛生士あるあるかもしれません。生きづらいですね。笑

【おすすめ記事】 ★歯科衛生士の求人サイトまとめ
★歯科衛生士のオープニングスタッフ募集を探せるサイト

-歯科衛生士あるある

Copyright© 歯科衛生士のパート求人ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.