歯科衛生士あるある

【歯科衛生士あるある】ついつい歯石をチェックしてしまう!(by レナさん)

更新日:

私は歯科衛生士として勤務をしていた時に、職員の給与振込の担当もしていました。
歯科衛生士の給与は昇給もあまりないので30代でも月17万から月18万くらいです。

給与振込をする際に一人だけ50万以上の給与を振り込む先があります。それは、院長なのですが一人だけ高級取りで大きい家を院の近くに建てて…羨ましい気持ちと「私たちの給与もちょっとくらい上げてくれー」といつも思っています。

小さな歯科医ですので、院長の都合で休みが決まります。売り上げが足りないときは、年末のギリギリまで仕事がありますし、逆に院長が家族旅行に行くときは連休になったりします。1ヶ月前にはシフトはきまりますが、旅行の予約が取りにくくカレンダー通りの勤務の方が羨ましいです。

患者さんが多くて忙しいときには、患者さんには見えないように院長が私たちに向かって手をまわします。それは「忙しいから巻きでやってくれ!」という合図なのです。その合図があると患者さんには申し訳ないのですが必要最低限のことしかせず処置を終わっています。
職業がら、人と話す時に口元ばかり見てしまいます。「あ〜この人歯石たまってるな〜」と思いながら見ていると話に集中できないときもよくあります。

【おすすめ記事】 ★歯科衛生士の求人サイトまとめ
★歯科衛生士のオープニングスタッフ募集を探せるサイト

-歯科衛生士あるある

Copyright© 歯科衛生士のパート求人ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.